五輪の本来の意義

いよいよ東京五輪が開幕しますね。コロナ渦での開催を悲観視する考えもあると思いますが

五輪の本来の意義を考えますと「スポーツを通した人間の可能性」と共に「世界平和」という目的が掲げられています。

皮肉な事に コロナによって世界は共通の問題を抱えた運命共同体である事が実感されました。

もしコロナが出現せず 去年予定通りの大会が無難に行なわれていたら

「開会セレモニーが素晴らしかった」「金メダルが幾つ取れた」と言う事ばかりが関心事になったかもしれません。

そう考えるとコロナ渦での開催は五輪本来の意義を改めて考える機会となったとも言えます。

他人の事をおもんぱかれる「世界平和大会」となりますよう微力ながら花園たまやも応援しています。(M)