思い出の牛舎

私が社長になる以前 北海道の農村を訪れた事がありました。

大きな牛舎があちこちにあり 牛たちが元気に牧草を食んでいました。

その牛舎をしばらく眺めていると 厳しい自然に立ち向かう逞しさ 生き物を育てるいとおしさ

取れたての農産物をお客さんに食べて頂ける喜びなど 沢山の日常の光景が思い浮かび

農業を営んでいく尊さを しばし想像しました。あの時の純粋な気持ちを忘れないように

思い出深い牛舎を 花園たまやのシンボルとなる直売所として建てたのです。

私にとっての道しるべを与えられた原点として いつまでも憶えておきたいのです。(M)