しかみ像

この絵は徳川家康の「しかみ像」というものです。
家康が、武田信玄との「三方ヶ原の戦い」で大敗し命からがら浜松城に逃げ帰った直後の家康の像です。
家康は己のみじめな姿をその場で絵師に書かせ 以後常にこの絵を手元に置き
敗戦(失敗)を肝に銘じ決して慢心しないように自分を戒めていたそうです。
花園たまやも日々少なからず失敗をしています。
その失敗を忘れず謙虚に反省することが明日への成長へ繋がると家康公が教えてくれているようです。(M)